週一回の英会話レッスンで学んだこと

途中病気とかで中断したり、いろいろあったけど、平日昼のランチタイムに英会話レッスンに通っている。大体半年くらい通ったので、感想を書いておこうと思う。

ちなみに自分はまだ英語面接とかはサッパリなので、日常英語レベル。

読むのが面倒な人のため、先にまとめ

  • 英会話で身に付いたのは、英語力というよりも会話力だった。
  • 平日お昼の40分でレッスン受けるのはあまり負担にならないのでオススメ。
  • 何するにしても多少の勇気は必要。

動機

アプリ開発という職業柄、英語の情報に触れる事が多く、ここ数年は年に1、2回くらいのペースでアメリカのカンファレンスにも参加したりするようになった。

すると日本人ではない人達との交流の機会が増え、パーティーで話したりするだけでなく、プライベートでも一緒にご飯に行ったりするような仲の友人も出来たりしたので、こりゃいかんぞと思い、日常的に英語で話す機会を作る必要を感じた。

一緒に飯行ってる時点で英語喋れてるだろ、というツッコミは当然あると思うけど、自分の場合、人よりちょっと思い切りが良い方で、そんなに喋れないけど、何とかなるだろ、みたいな感じのノリで付き合い始めることになったりして、がんばって話すのだけど、やはり会う度もうちょっと、こういう話をすればよかったとか、こういう言い回しが出てこなかった、みたいな反省が半端ないので、ちゃんと身に付けようと思った。

レッスン内容

講師はミネソタ出身の20代後半くらいの男性。オーバーリアクションすぎず、陰気でもなく、ほど良いテンション。レッスンに行くと、大体決まって5-10分くらいの雑談が始まる。

  • 今日はどんな気分?
  • 先週は何したの?
  • 今週末は何か予定ある?

これが最初はキツかった。そもそも普段生活していて、この手のスモールトークをすることがあまり無いので、行く前にちょっと心の準備をするようになった。

その内、慣れてきて、「いつもの週末だったねー」「昨日ちょっと飲み過ぎたから眠い。。。」「マイル修行あるから一人で沖縄行ってくるわー」みたいな返答を自然にできるようになった。

こちらが答えるだけではなく、講師の方も色々話してくれるので、その際も適度に感想を言ったり質問をしたりするスキルが付いた。

その後30分くらいは自分が選んだテキストに沿ってレッスンが進む。

教材

自分が通っているところは割と生徒の希望で教材や内容を自由に決められるので、何とでもなる。自分は各章ごとにテーマが設定された、ディスカッションできるような内容の教科書を選んだ。こんな感じの本。2000円くらいだったかな。

f:id:punchdrunker:20171215002903j:plain

内容は割と現代的なもので、整形手術には賛成?反対?とか子供に門限は必要?不要?みたいなもの。

様々な意見を言う人が出てくるので、誰に賛成?どうして?一番賛同できない意見はどれ?みたいなことを英語で喋る。

感想

リーディングとリスニング、スピーキングの要素があるので、今の自分にはこのくらいのカリキュラムで丁度良い気がするけど、もうちょっと成長するためには、頻度を上げないと、伸び悩むな〜という感じ。

あとそもそもレッスン以外にはNetflixを英語字幕で見るくらいしかしていないので、ちゃんとボキャブラリーを増やす必要を感じている。

成果

何かを成し遂げた、みたいな事はないんだけど、半年ぶりくらいに会った海外の友人に、「英語結構喋れるようになったじゃん」って言われたのがすごく嬉しかった。確かに前回会った時は、無言の時間が結構あったりしたのが、最近はうまく会話を繋げる事が出来るようになった気がする。

あと先月行ったサンフランシスコのカンファレンスの懇親会で知らない人に話しかけたりできるようになったので、おや、英語でコミュケーションできてるな?という実感があった。勿論それなりの勇気は必要だった。

まーでもTOEICとか受けたら散々な点数だろうし、総合的な英語力が高まったわけではないので、もっと英語をちゃんと勉強していきたい気持が高まっている。

 

現場からは以上です。