スコッチウィスキー入門

f:id:punchdrunker:20180123000346j:plain

進捗がヤバいです。ブログを書きます。

ところで私はスコッチウィスキーが好きなのですが、まだあまりウィスキーを飲んだ事がない人のために最初に飲むべきお酒や選び方をいくつか紹介したいと思います。

どこで飲むか

まずどこで飲むかですが、家で飲むか店で飲むかの2択ですかね。どっちでも良いと思いますが、弱い人はボトル買って家で飲むのは長い時間がかかりそうだし、気軽なバーとか行くと良いと思います。HUBとかでもスコッチ置いてあるし。

飲み方

ロック、ストレート、ソーダ割り、水割り、などいろいろありますが、自分の好みに合わせて好きな飲み方にしましょう。あまり強くない人であれば、ソーダ割りとかで良いと思います。

最初はストレートで飲めみたいな事言われるかもしれませんが、アルコール耐性は人それぞれなので、無理のないように。酒の飲み方をあーだこーだうるさく言ってくる人は大体詳しくない人なので、相手にしなくて大丈夫です。

自分はいつも1杯目はソーダ割で、2杯目以降にロックかストレートで注文します。

あと、ストレートで注文すると、ほぼ間違いなく氷水が付いてくるので、いちいちチェイサーくださいとか言わなくて大丈夫です。

年数

年数表記はその酒にブレンドされてる樽の一番若い樽の年数なのですが、長いほど高いです。理由はいろいろあるだろうけど、倉庫代と、あとは熟成が長い程中身が蒸発などで減ってしまうので、それだけで単価が高くなってしまうからだと思います。

予算次第ですが、最初は10-12年くらいで良いと思います。気に入ったものがあれば、15年とかを試してみて違いを比べるとよさそう。

熟成が長いほど美味しいかというと、残念ながらそうではないです。

樽熟成に使う樽見ると分かりますけど、中を焼いて焦がしてるんですよね。そんな焼いた樽の中に30年とか置いておくと、樽の香りが強すぎたりする可能性もあるので、飲んでみないと美味しいかどうかわからないです。ただし当たるとめっちゃ美味しいので、好きな人はリスク覚悟で飲む。そんな感じです。

なので、15年熟成くらいが、最も失敗する確立が低くて無難な年数だと思います。

注文のしかた

とりあえず最初はいくつかの蒸留所のオフィシャルボトルを試してみるのが良いと思います。蒸留所がリリースしてる定番デザインのラベルのやつ)

ただしお店によってはオフィシャルボトルをそんなに置いてなかったりもするので、変わったデザインのボトルばかり並んでる店では、おすすめを聞いてみるとよさそう。

すでにいくつか飲んでいて、好きなタイプの蒸留所があるなら、そこに似たやつください、ってのも楽でいいです。

自分はいつも3択で、1.やわらかい感じのものください、2.クセのあるやつ(アイラ系)ください、3.美味しいやつください(行きつけの店でだけ許される)のどれか。

バーにメニューが無いことが多いと思いますが、これは客からボッタクろうとしてるのではなくて、とにかく品揃えがころころ変わるので、メニューを更新する暇が無いというのがほんとのところだと思います。

バーの在庫の3分の1から半分くらいはその時しかない瓶だったりするので、その時の状況に合わせてお店側で選んでもらうのが無難です。

樽の違い

シェリー樽熟成とかバーボン樽熟成とかあります。熟成年数が少なくても香りが付きやすいので、生産的にはお得な手法らしいです。ここらへん勉強してるとキリが無いです。スコッチおいしいなぁー、と思ってハマった後で良いので、おいおい勉強しましょう。

自分は○○樽熟成みたいなの、あまり好きじゃなくて、普段はあえて外して注文することの方が多いです。

個人的におすすめの蒸留所

グレンリベット

ザ 定番。どんな飲み方でも楽しめるオールラウンド。

バルヴェニー 

チョコレートに合うってよく聞きますけど、大体ウィスキーはどれもチョコレートに合うような。。。なぜか最後に飲む事が多い。バーでの遭遇率はあまり高くない。

クライヌリッシュ 

クライヌリッシュ 14年 700ml 46度 [並行輸入品]

クライヌリッシュ 14年 700ml 46度 [並行輸入品]

 

ボトラーズ(オフィシャルじゃないボトル)が多くて、種類がたくさんあるんだけど、いつも安定しておいしい気がする。

 

アイラ系蒸留所

ピート香と言われる独特の焦げくさい風味のスコッチがありますが、人によっては嫌いな人もいるので、興味があったら試してみてください。臭くない順でおすすめを挙げます

ボウモア

あまりファンは多くなさそうだけど、最近気に入っている。ほどよいパンチのピート感。

ラフロイグ

一杯目にラフロイグソーダ割頼む女性ってカッコいいですよね。

アードベッグ

アードベッグ 10年 箱入り 700ml
 

ファンが多い。自分はそんなに好きではないけど、人によってはハマるかも。

家飲みでおすすめ

カーデュ 

ふつういきなりカーデュすすめる人いないと思うのですが、大好きなボトルです。芯はしっかりしていて、本など読みながらゆっくり飲みたい。カーデュ置いてる店はあまりないので、酒屋で買って家で飲みましょう。

ロイヤルロッホナガー 

 これも渋めのチョイスですが、ややドライフルーツぽいこってりした甘さみたいなのが、このランクの値段で楽しめてお買い得な気がします。

おすすめの本

評論家の本とかあまり読んだことないのですが、Barレモンハートを読んだことのあるお客さんは多いのでバイブルみたいなもんかも。

ウイスキーだけじゃなくて、いろんなお酒のエピソードを紹介してくれる漫画です。