Google I/Oに行く準備

今年もGoogle I/Oのチケットをゲットしたので、そろそろ準備を開始しようと思いました。これまでの参加経験は、 2013(モスコーンセンター時代), 2016, 2017なので、今年で4回目。3年連続。

ESTA

オンラインで申請するVISA。必須です。一度申請すれば2年有効です。また意外に知られてないですが、2008年以降にESTAで渡米したことある人はUS citizen用のKiosk(自動入国審査端末)が使えます。不安な場合は入国審査の列で、"ESTA Returning!!"と叫ぶと、空港職員の人がkioskに案内してくれると思います。

ボールペン

海外旅行慣れしてる人は当然携行していると思いますが、飛行機の中で絶対にボールペン使います。入国時に提出する書類を記入するためです。国際線の飛行機に乗る時は、100均とかで売ってる小振りのビニールの書類入れにパスポート、バウチャー、ボールペンなどを入れて座席のポケットに入れておきます。

ノイズキャンセリングヘッドフォン/イヤフォン

飛行機のエンジン音うるさいので、あった方が良いですし、映画見る時も音質が全然変わります。自分はsonyのやつ使ってますが、BOSEが鉄板(ただし高い)。

パジャマ

アメリカのホテルに浴衣とか無いので、ユニクロとかのパジャマ持ってくと快適です。行きの空港にはユニクロとか無印があるので、その場で調達でも良し。あと、飛行機に乗る直前にスウェットに着替えるのもオススメ。機内も快適に過ごしましょう。

上着

夜と朝は寒いので、ウルトラライトダウンくらいの軽くて暖いやつがあると重宝します。Tシャツ+パーカーだけだと心もとない感じです。

歯ブラシ+歯磨き粉

機内持ち込みしておくと快適。そもそもアメリカのホテルはアメニティがそんなに充実していないしアメリカの歯磨き粉マズいので、持ってった方がよいです。空港で買うもよし。

サングラス

カリフォルニアの日光をナメてはいけません。サングラスは強くおすすめします。視力が弱い人はZOFFJINSなどで度入りのサングラス作ると良いです。良いレンズ使っても大体1.5万円くらい。度無しだったら5000円くらい。仕上がりに10日くらい掛かるので、早めに作りましょう。

日焼け止め

成田or羽田空港で買いましょう。液体を機内に持ち込む時はジップロックに入れたりしないといけないので、持ち込みじゃなくて預ける荷物に入れておいた方が楽です。ひげそりとか鼻毛切りなんかの刃物も持ち込めないので預けましょう。

ウェットティッシュ

空港で買いましょう。

レジャーシート

ランチの時間、会場のベンチや椅子はすぐに埋まるので、レジャーシート持ってると常連ぽさが出ます。

耳かき or 綿棒

1週間もいれば耳かゆくなります。

タコ足

電源は正義。

SIM

ポケットwifi借りたり、日本のamazonプリペイドSIM買えたりしますが、近年はproject fiという世界最強のサービスがあるので自分はそっちを利用しています。

あと絶対にUber or Lyft使うので、アメリカで有効な電話番号必須です。どちらを使う場合も貸し切りよりも相乗りモードがお買い得です。

国際免許証

申請すれば1年有効の免許証もらえるので、レンタカー借りたい人はあると便利。